花 宴
2001.9.15 UP

「ノボタン(紫紺野牡丹)」
オメガにゃん撮影
「ティボウキナ(コートダジュール)」
清水さん撮影

「紫紺野牡丹」、常緑低木、高さは3m、葉は若い枝と共に軟毛に覆われており、長卵形。
花は1日花で径約10cm、5弁鮮やかな紫紺色で、初冬まで次々と開花します。
ティボウキナ属の園芸品種「コートダジュール」は、紫紺の花弁の基部に白が入って美しい。
「ブルーエンゼル」は、花色は濃い紫で花期は遅く10月から12月。
「リトルエンゼル」は、咲き始めは花弁の先が濃い紫色で基部が淡い紫色の覆輪です。

「金糸梅(キンシバイ)」 オメガにゃん撮影

半落葉性の小低木で、高さ1m。 枝は垂れ下がる。
6・7月頃咲く花は散りやすいが、次から次へ咲くので長期間楽しむ事ができます。
花の直径は約3cm。

「未央柳(ビョウヤナギ)」 オメガにゃん撮影

高さ約1mの半落葉性低木。茎は細く、よく分岐する。
金糸梅と同属です。

「金魚草(キンギョソウ)」 清水さん撮影

「金魚草」は和名、「スナップドラゴン」は英名。
ドイツ名では、「ライオンの口」と言う。

品種も多数出回っており、
小型の品種には、スナップドラゴンの
名を持つ物もあります。
「赤萩(アカハギ)」 清水さん撮影

萩は万葉の昔から、秋の七草の筆頭に
挙げられてきた名花。
落葉低木、高さ1〜2m。
主な種類、山萩・宮城野萩・白花山萩
錦萩・江戸絞りなどがあります。