2001.9.30 UP


写真の中で微笑んでいる幼子
時が過ぎ、思い出は走馬灯・・・
母の温もりも知らずに育った子供は
母の温もりを求め、焦がれて
そして、いつの日か母になる事を夢見ていた。
思いだけが翼を付けて空の彼方へ飛んでゆく・・・