花 宴
2002.9.29 UP

巾着田2

     

「巾着田」周辺は、今から1200年ほど前に高句麗から渡ってきた高句麗人が住みつき
大陸文化を取り入れた高度な生活を営んでいた場所である。
当時、水田を作る事は大変な事業であったが、高句麗人は高麗川が蛇行している事を
巧みに利用し、川をせき止め、その内側に溢れた水を導き水田とした。

その形が山の上から見ると巾着の形をしている事から「巾着田」と呼ばれるようになった。

1度は、山の上から全景を見渡してみたいものです。

この辺りは、高句麗から渡来した人達が移住したと「続・日本記」で
記された地域と言われています。
とても古い歴史のある場所なんですね☆

当時の人々は、きっと苦労してこの水田を開拓して行ったのでしょうね☆
その広大な場所に、今では季節になると「ヒガンバナ」の真っ赤な絨毯が
訪れる人たちを楽しませてくれているんですよね。

この場所が、ずっとずっと保護されて行く事を願うばかりです☆