花 宴
2002.5.19 UP

第4回・国際バラとガーデニングショウ6

バラの魅力は、花形の多様さ、色彩の豊かさ
そしてエレガントな香りです。
古くからの原種は、花びら5枚の一重咲きのものがほとんどですが、
栽培種は一重から、花びらが10枚〜15枚の半八重。
更に多い八重咲まで多種多様です。

花びらの形も「丸弁」や、先が尖る「剣弁」、緩やかに反り返る「半剣弁」、
花びらの先に切れ込みが入るもの、細長い形のものなど様々です。

バラの花形は、花の開き方や花びらの数などから、一般的に「一重咲き」、「平咲き」
「盃状咲き」、「丸弁抱え咲き」、「半剣弁高芯咲き」、「剣弁高芯咲き」、
「盛り上がり咲き」、「多芯咲き」、「菊咲き」の9種類に分けられています。

「モダン・ローズ」などは、カップ咲きやロゼット咲きが多いですね。

花びらに絞りの入るバラも珍しいですね。
「国際バラ展」ならではの、バラの一つなのでしょうか☆
オメガにゃん、初めて見ました♪

NEXT