花 宴
2002.5.19 UP

第4回・国際バラとガーデニングショウ7

☆淡いピンクのミニバラ「桜貝」☆
花の名の通り、ほのかなピンクがとてもかわいらしいミニバラです。
最後のページは、ピンク系のバラでまとめてみました。

現代のバラは、花の形も素晴らしいのですが
なんと言っても色彩の豊富さには、目を見張るものがあります。
色は基本的には「赤」「オレンジ」「黄」「青」「紫」「白」に分けられますが、
長い間、交雑を続けているバラは複雑に組み合わされて微妙な色調を表します。
実際、純粋な青と黒をのぞくと、ほとんどの色彩を持っているといえます。

モダンローズの新しい挑戦は、真っ青なバラを作り出すことでしょう。
青の発色をする「デルフィニジン」という色素がないので
純粋な青バラは作れないと思われていましたが、
極めて微量ながら、ある種のバラの新葉に含まれている事が発見され
にわかに青バラ誕生への期待が高まってきました。

バラの中では一番大好きな「青バラ」の誕生へ期待を寄せて・・・☆「もっと青く」☆

世界のバラとガーデンが繰り広げる優美なハーモニーの数々を堪能して来ました。
初日は、なんと32000人の人出でした。

TOP